on-the-time.jp

2006年03月21日

北朝鮮には、まだ米兵脱走兵がいる!と報告した。

USA Todayは、2006年3月17日にOhmyNewsのインタビューに答えたチャールズ・ジェンキンズ(Charles Jenkins)の記事を紹介し、北朝鮮には、まだ米兵脱走兵がいる!と報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ジェンキンズは1965年に北朝鮮へ亡命し、それが2002年に表面化して、25日間米国の軍用刑務所に投獄され、不名誉により解雇された。彼は現在、 1978年に結婚した日本人の女性と共に日本に住んでいる。その彼が、「私は、彼らがそこにいることを立証することはできないが、いることは知っています。」「彼らは北朝鮮とベトナム戦争の脱走兵です。」「彼らは米兵向けファームで働いている。」と答えたと報告している。
そういえば、イラク戦争での米兵脱走兵はカナダに逃げている。
これは日本の拉致問題と違って、自ら逃亡して亡命している。
昔の脱走兵への刑は銃殺であったが、それほど国家が絶対的権限を振り回す時代でもないし、そんなことをしたら、インターネットのおかげで、すぐに世界中に知らされ、米国政府自体が味方を減らすことになる。
ジェンキンズのことは、すっかり忘れていたが、このようなインタビューに答えて収入を得ている。
ジェンキンズさんは一緒に生活したり、映画などにも出演していたから、その中の何人かの出身地や名前も知っている。
それを明らかにすると、米国でも騒然となることだろうが、米国政府が公開を規制しているのかもしれない。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト