on-the-time.jp

2006年03月21日

北朝鮮には、まだ米兵脱走兵がいる!と報告した。

USA Todayは、2006年3月17日にOhmyNewsのインタビューに答えたチャールズ・ジェンキンズ(Charles Jenkins)の記事を紹介し、北朝鮮には、まだ米兵脱走兵がいる!と報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

ジェンキンズは1965年に北朝鮮へ亡命し、それが2002年に表面化して、25日間米国の軍用刑務所に投獄され、不名誉により解雇された。彼は現在、 1978年に結婚した日本人の女性と共に日本に住んでいる。その彼が、「私は、彼らがそこにいることを立証することはできないが、いることは知っています。」「彼らは北朝鮮とベトナム戦争の脱走兵です。」「彼らは米兵向けファームで働いている。」と答えたと報告している。
そういえば、イラク戦争での米兵脱走兵はカナダに逃げている。
これは日本の拉致問題と違って、自ら逃亡して亡命している。
昔の脱走兵への刑は銃殺であったが、それほど国家が絶対的権限を振り回す時代でもないし、そんなことをしたら、インターネットのおかげで、すぐに世界中に知らされ、米国政府自体が味方を減らすことになる。
ジェンキンズのことは、すっかり忘れていたが、このようなインタビューに答えて収入を得ている。
ジェンキンズさんは一緒に生活したり、映画などにも出演していたから、その中の何人かの出身地や名前も知っている。
それを明らかにすると、米国でも騒然となることだろうが、米国政府が公開を規制しているのかもしれない。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト