2006年03月21日

EU市民503人がテロリストと間違えられて登録されていた。

Statewatch Newsは、EU市民503人がテロリストと間違えられて、「Article96」としてSIS(Schengen Information System/シェンゲン情報システム)に登録されていたと報告した

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

「Article96」とは入国を拒否される外国からの人で、その根拠は「a threat to public order or national security(公安国家安全保障への脅威)」に含まれた人達のことで、2005年4月に、国家のユニット(SIRENE Bureaux)の責任者はそれらのデータをチェックして、システムからそれぞれのデータを削除するように要求し、2005年6月に、Schengen Joint Supervisory Authorityから、EU加盟国に「Article96」で警戒するように要請も出ていた。
しかし、2006年2月16日のチェックはEUの住民から503人の市民が「Article96」に登録され、そして、関連国のアイスランド、ノルウェー、およびスイスも「Article96」に登録され、登録された389人はスイス人であった。
その中にダボスで開催されたWorld Economic Forumsのデモ参加者であるか否かに関係なく、恐らく論点を巧みに避けていると報告した。
「第96条」には強制送還された避難民を含んでいて、入国者から「不法滞在外国人」を除く目的で主として使用され、SISに登録されて禁止された75万人の「不法滞在外国人」が登録されていると報告した。
入国が拒否されていたのであれば、当然、このリストに登録されてしまった人達は、税金を払う義務はない。
もっともこの人達は、すでにEUの人達で、EU内で生活しているので入国する必要もない。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。