on-the-time.jp

2006年03月21日

EU市民503人がテロリストと間違えられて登録されていた。

Statewatch Newsは、EU市民503人がテロリストと間違えられて、「Article96」としてSIS(Schengen Information System/シェンゲン情報システム)に登録されていたと報告した

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

「Article96」とは入国を拒否される外国からの人で、その根拠は「a threat to public order or national security(公安国家安全保障への脅威)」に含まれた人達のことで、2005年4月に、国家のユニット(SIRENE Bureaux)の責任者はそれらのデータをチェックして、システムからそれぞれのデータを削除するように要求し、2005年6月に、Schengen Joint Supervisory Authorityから、EU加盟国に「Article96」で警戒するように要請も出ていた。
しかし、2006年2月16日のチェックはEUの住民から503人の市民が「Article96」に登録され、そして、関連国のアイスランド、ノルウェー、およびスイスも「Article96」に登録され、登録された389人はスイス人であった。
その中にダボスで開催されたWorld Economic Forumsのデモ参加者であるか否かに関係なく、恐らく論点を巧みに避けていると報告した。
「第96条」には強制送還された避難民を含んでいて、入国者から「不法滞在外国人」を除く目的で主として使用され、SISに登録されて禁止された75万人の「不法滞在外国人」が登録されていると報告した。
入国が拒否されていたのであれば、当然、このリストに登録されてしまった人達は、税金を払う義務はない。
もっともこの人達は、すでにEUの人達で、EU内で生活しているので入国する必要もない。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告