gaYa広告

2005年03月21日

約1億7100万人が無線インターネットを経験。

cellular-newsは、3,304のヘビー・インタ−ネットを含む、6,544人の大人にインタビュー調査した結果、2004年の無線インターネットユーザーの数は29%拡大し、約1億7100万人が無線インターネットを経験した。または測定市場の44%のインターネットユーザーが無線インターネットにアクセスしたことがあることになったと報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

ただし、日本とその他の市場を比較した場合、無線インターネット接続を使用した大人達の中で、日本が最も大きい前年比の成長を記録したと報告している。
この調査結果から、この場合の無線インターネット接続には、携帯電話からのインターネット接続が含まれ、Wi-Fiなどの無線インターネット環境が遅れている日本の実情は報告されていないことが判る。また無線インターネット接続の人口増加は、1500万と1160万人の新しい無線インターネットユーザーが増加し、 69%のユーザー増加た米国と日本の2つの最も大きなインターネット市場によって大きな成長結果を出している。
また、無線インターネット接続は西欧、韓国、とアーバン中国でいくらかの人気を獲得したとも報告しているが、Wi-Fiと携帯電話インターネット接続の混同など、この調査報告には少し疑問も残る。
もっとも、携帯電話インターネット接続とWi-Fiの区別も非常に難しく、アンケートの取り方によって、混乱を招く可能性が高い。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する外部のサイト