2005年03月21日

元報道担当官のマイケル・マカリーは、メディアが悪いといった。

USATodayは、元ホワイトハウスの報道担当官のマイケル・マカリー(Michael McCurry)が、テレビの報道を真似て政府が作った「マスコミに配布されるビデオ版ニュースリリース」をそのまま放送することは、ブッシュ大統領ではなく、メディアが悪いといったと報告した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

つまり、ホワイトハウスは意図的に「マスコミに配布されるビデオ版ニュースリリース」を作り、「それは何であるかという手がかりであるが、「あなた達(メディア)」が皆、それを覆ないまま放送する」ことのほうが問題であると指摘した。
さらにマイケル・マカリーは、「メディアが政府にニュースを「パッケージすること」を強制し、レポーターは政府が本当に意図することをカバーして、浪費と、詐欺などの乱用であると仮定することの代わりに本当は何であるかを報告するべきである」と言っている。
president of the Radio-Television News Directors Associationのバーバラ・コクラン(Barbara Cochran)は、VNRsがどこから提供されたかを特定する義務があると言い、どこでこの材料を手に入れているかを確実にするために、「ニュース編集室」があるべきだとも付け加えている。
2004年の民主党の大統領の指名されたジョンケリー上院議員は、テレビ局がどれくらいの頻度で「連邦政府によって生産されたニュースクリップ」を放送したか調査するようにFCCに依頼している。
つまりは、政府の意図するまま提供されたビデオをそのままテレビ局が流し、社会問題化しているのは、マスコミの問題であるということである。
米国のテレビ界は政府の宣伝部隊であって、ジャーナリズムが存在していなかったということになる。
政府はやりたい放題で、最悪!の方法で国民を洗脳していた。
そんな中で米国大統領選は行われた。
凄い弁解と真実!

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具ので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する外部のサイト