2005年03月21日

元報道担当官のマイケル・マカリーは、メディアが悪いといった。

USATodayは、元ホワイトハウスの報道担当官のマイケル・マカリー(Michael McCurry)が、テレビの報道を真似て政府が作った「マスコミに配布されるビデオ版ニュースリリース」をそのまま放送することは、ブッシュ大統領ではなく、メディアが悪いといったと報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

つまり、ホワイトハウスは意図的に「マスコミに配布されるビデオ版ニュースリリース」を作り、「それは何であるかという手がかりであるが、「あなた達(メディア)」が皆、それを覆ないまま放送する」ことのほうが問題であると指摘した。
さらにマイケル・マカリーは、「メディアが政府にニュースを「パッケージすること」を強制し、レポーターは政府が本当に意図することをカバーして、浪費と、詐欺などの乱用であると仮定することの代わりに本当は何であるかを報告するべきである」と言っている。
president of the Radio-Television News Directors Associationのバーバラ・コクラン(Barbara Cochran)は、VNRsがどこから提供されたかを特定する義務があると言い、どこでこの材料を手に入れているかを確実にするために、「ニュース編集室」があるべきだとも付け加えている。
2004年の民主党の大統領の指名されたジョンケリー上院議員は、テレビ局がどれくらいの頻度で「連邦政府によって生産されたニュースクリップ」を放送したか調査するようにFCCに依頼している。
つまりは、政府の意図するまま提供されたビデオをそのままテレビ局が流し、社会問題化しているのは、マスコミの問題であるということである。
米国のテレビ界は政府の宣伝部隊であって、ジャーナリズムが存在していなかったということになる。
政府はやりたい放題で、最悪!の方法で国民を洗脳していた。
そんな中で米国大統領選は行われた。
凄い弁解と真実!

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告