gaYa広告

2017年01月05日はどんな日?

マグロ初セリ、最高値は前年5倍の7420万円。

毎年話題になるマグロ初セリ、2017年01月05日午前5時過ぎ、鐘の音を合図に競りが始まると、競り人の威勢のいい掛け声が場内に響き渡った。

日本経済新聞 電子版は2017年01月05日に、東京の築地市場で2017年01月05日に、新春恒例の初セリが開かれた。最高値で競り落とされた青森県大間町産のクロマグロは1匹(212kg)7420万円だったと報告した。

SMAP「本当に、ありがとう」5人のメッセージ公開

毎日新聞は2017年01月05日 15時39分(最終更新 01月05日 15時51分)、2016年で解散したアイドルグループ「SMAP」が5日、公式サイトでメッセージを公開したと報告した。

「高齢者」は75歳以上、65歳は「准高齢者」、90歳以上を「超高齢者」

日本経済新聞 電子版は、日本老年学会(The Japan Gerontological Society)と日本老年医学会は2017年01月05日に、現在は「65歳以上」とされる高齢者の定義を「75歳以上」に引き上げるべきだとする国への提言を発表した。心身が健康な高年齢者が増えたためで、65〜74歳は「准高齢者」とし、社会の支え手として捉え直すべきだとしている。社会保障や雇用制度をめぐる議論に影響を与える可能性があると報告している。

5日夜、Bitcoinが急落。

日本経済新聞 電子版は2017年01月06日に、インターネット上の仮想通貨Bitcoinの価格が2017年01月05日夜、急落したと報告した。

取引シェアの大半を占める中国では一時、直近の最高値から3割近く下落した。

PayPalユニットXoomは、もうかる日本市場を開発する。

Mobile World Liveは、PayPal-に所有されているモバイル送金サービスXoomは、そのサービスを日本に拡大するために、そのモバイル・アプリと他の接続された機器を使って、米国の顧客がお金を国に転送することを可能にするように設定されると報告した。

2016年に、Paytmモバイル財布トランザクションが10億を記録。

Mobile World Liveは、インドのモバイル財布プロバイダーPaytmは、2016年の間に1億7700万人の顧客のユーザーベースで10億回のトランザクションを記録したと報告した。

会社は公式なブログにおいてデータを発表した。

今、モバイル・マネーで、インドが一番暑い!

不思議な日本の書き初め大会。

ArtDailyは2017年01月09日に、AFPのKazuhiro NOGI からの情報として2017年01月05日に配信された東京で開催された新年の書道大会で、コンテストに参加した人たちの写真を掲載した。

コンテスト参加者が、一斉に書き初めを掲げた。

経済予測と天気予報は同格か?

毎日新聞は2017年01月14日に、欧州総局特派員(ロンドン)の三沢耕平からの情報として、イギリスで今、1人の元気象予報士が話題を集めていると報告した。

その天気予報士は、1980年代、BBCで「お天気おじさん」として活躍したマイケル・フィッシュ(Michael Fish)である。

そのきっかけは、BOE(Bank of England/中央銀行/イングランド銀行)の主席エコノミスト、アンディ・ホールデン(Andy Haldane)が2017年01月05日に行った講演で、自らの経済予測の誤りをマイケル・フィッシュの過去の天気予報の失敗とだぶらせたことだったと言っている。

経済予測と天気予報は同格か?

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

記念日まであと何日?

初水天宮

水天宮は、安産、水難除、火災除にご利益があるとされ、毎月5日が縁日となる。
その最初の縁日で、多くの参拝客でにぎわう。

十二夜

またはEpiphanyのクリスチャンの祝宴です。

七草。

人日の節句(1月7日)の朝に、7種の野菜が入った羮を食べる風習。

人の日(人日)と七草粥、小豆粥。そして爪切り!

古来中国では、正月の1日を「鶏の日」、2日を「狗(犬)の日」、3日を「猪の日」、4日を「羊の日」、5日を「牛の日」、6日を「馬の日」とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていた。そして、7日目を「人の日」として、犯罪者に対する刑罰は行われないことにした。

つまり、これらを中国では食べていたということで、人が人を食っていた。
篠田 統著「中国食物史」には、子供の料理法もある。

東方朔の『占書』(东方朔占书)にある中国の古い習俗で、正月1日から6日までは獣畜を占い、7日には人を占うところから、「人日」というようになった。

初薬師。

衆生の病根を救う現世利益招来の仏として古くから信仰された薬師如来の縁日は毎月8日とされ、その最初の縁日で、多くの参拝客でにぎわう。

110番の日

1986年に警視庁が「110番の日」を制定した。

十日えびす(戎)

年のはじめに行われるえびす講として、1月9日を「宵えびす」、1月10日を「本えびす」、1月11日を「残り福」といい、毎年3日間行われ、「えびす祭」「えびす講」「えべっさん」とも呼ばれ、福神・商売繁盛の神であるえびすを祭神として行われる。開門神事福男選び、大マグロの奉納、有馬温泉献湯式などの行事とともに、たくさんの屋台が軒を連ね、3日間で百万人を超える参拝者で賑わう。

鏡開き。

正月に年神に供えた鏡餅を割り、雑煮や汁粉に入れて食べ、一家の円満を願う行事。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011