gaYa広告

2009年05月30日はどんな日?

Wikipediaが宗教問題に巻き込まれ、アクセス禁止処理!

AFPは、Wikipediaがサイエントロジー教会(Church of Scientology)が宗教思想の戦いを開始し、記事の編集機能を停止したと報告した。

48歳の歌姫スーザン・ボイルが決勝で2位になった。

イギリスのITVが主催する人気オーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント(Britain's Got Talent)」の決勝に、スコットランド南東部ウェスト・ロジアン(West Lothian)のブラックバーン(Blackburn)から来た48歳の歌姫スーザン・ボイル(Susan Boyle)が2009年5月30日(日本時間31日未明)に出場した。

重慶で炭鉱からガス噴出事故が発生し、30人が死亡した。

重慶市にある松藻煤電公司の同華炭鉱で、ガス噴出事故が起きた。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

記念日まであと何日?

ごみゼロの日

豊橋山岳会会長夏目久男の呼び掛けにより豊橋市で530(ゴミゼロ)運動が開始され、1975年に官民一体の530運動推進連絡会が設立された。

ジャンヌ・ダルクの日

History Channelは2016年05月30日に、イギリスに対して、フランスの軍隊を率いた後に国家のヒロインになったフランスの田舎娘のルアンジャンヌ・ダルク(Jeanne d'Arc/Joan of Arc/1412 - 1431)は異端として1431年05月30日に、イギリスに占領されたされたノルマンディーのルアン(Rouen in English-controlled Normandy)で火刑(Jeanne au Bucher)にされた。

彼女は1920年に聖者「St. Joan of Arc」になり、05月30日をジャンヌ・ダルクの日にして祝福されている。

気象記念日。

1875年6月1日に、東京赤坂葵町に日本初の気象台として東京気象台が設置され、東気象と地震の観測が開始されたことを記念して、東京気象台が1884年に制定した記念日。

電波の日

1950年6月1日に「電波法」「放送法」「電波監理委員会設置法」の俗に言う「電波三法」が施行されたことから、電波利用に関する知識を普及啓発させる目的で、電波監理委員会が1951年に制定した記念日。

写真記念日

日本写真協会の梅本貞雄らが1951年に写真の日制定委員会を開き、制定した記念日。

国際子供の日(International Children's Day)

スイスのジュネーブで1925年に開催された「子供の福祉世界会議」('The World Conference for the Well-being of Children' in Geneva, Switzerland)を制定した。

電波の日

占領軍による占領からの独立した1950年06月01日とほぼ同時に、電波法、放送法、電波監理委員会設置法、いわゆる電波三法が施行され、電波が一般に開放されたことから、郵政省(現在の総務省)が1951年に、06月01日を電波の日に制定した。

横浜開港記念日

1859年6月2日の開港当日は特に祝賀行事も行われず、一周年にあたる1860年6月2日(万延元年)に、山車や手踊りで街中あげて開港を祝ったのが、開港記念日の始まりであった。

gaYa広告

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011